blg_ttl_21.png

創邦21同人
(五十音順)

  • 今藤 長龍郎
  • 今藤 政貴
  • 今藤 政太郎
  • 今藤 美治郎
  • 金子 泰
  • 杵屋 淨貢
  • 清元 栄吉
  • 福原 徹
  • 松永 忠一郎
  • 米川 敏子

新コンテンツ登場
毎月更新!

2020年10月23日
第17回作品演奏会

thumnail

2020年3月11日
第12回創邦21公開講座
「創作のキモ」

kimo_12.jpg

2019年2月21日
第10回創邦21公開講座
「創作のキモ」

/a>

2017年11月8日
第15回作品演奏会

2017_soho21.jpg

2017年7月21日
第8回創邦21公開講座
「創作のキモ」

kimo_2017.jpg

2016年11月8日
第14回作品演奏会

創邦21チラシ

2016年6月22日
第7回創邦21公開講座
「創作のキモ」

創作のキモ_2016

2015年11月5日
第13回作品演奏会

omote_01.jpg

2015年8月17日
第6回創邦21公開講座
「創作のキモ」

bunner_kimo_201508.jpg

2015年1月7日
第5回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2015_kimo.jpg

2014年10月8日
第12回作品演奏会

チラシ

> ブログ トップページ

南枝はじめて開き初め

2020.01.14 Tuesday

松も明け、寒に向かっていく頃ではあるのだけれども、先取りしすぎな気温の日もあり、この冬は、この先は、今年は大丈夫かしらと心配になる今日この頃。
でも!
蠟梅が咲き始めていたのを発見した。


「君が代松竹梅」など色々な曲にあるように、他の花に先んじて咲く梅を「花の兄」として

    南枝はじめて開きそめ

とは、簡潔に上手いこと言ったものだ。
梅ばかりか、この蠟梅も本当にその通りで、南枝の、中でも南に向いているつぼみからほころんでいる。
その静かな気迫には頭を垂れるしかない。

金子 泰
  • カテゴリー:金子 泰
  • 2020年01月14日(火) 00:09
  • -

年頭にあたり

2020.01.07 Tuesday

オリンピックイヤーの幕開けを如何お過ごしでしょうか?
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
創邦21をいつも応援して下さる皆々様、今年も相変わりませず御支援賜りたく存じます。
10月23日(金)紀尾井小ホールにて開催予定の「第17回作品演奏会」は、文化庁芸術祭に参加致したいとの意気込みでおります。
私共は日常それぞれのジャンルの古典演奏を主体としておりますが、古典と創作は車の両輪のようなものであり、古典無くしては創作はありえず、未来の古典となる作品を残して参ることも現代に生きる者の使命です。また、創作をすることにより古典の奥深さを知り、更なる研鑽を積むことが出来ます。
今年もどんな作品が生まれますか楽しみにして頂き、創邦21の本公演、また創作のキモにお出まし頂きたくお願い申し上げます。
皆様に幸多き一年でありますようにお祈りしております。

創邦21理事長
                  米川敏子

クリスマスだが門松

2019.12.25 Wednesday

きょうはクリスマス・・だが、
一足早く、門松が来ている。

 

image001.jpg

 

今年も残すところ1週間。
お世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

来年は、
浅い春に「創作のキモ」。
できれば夏ごろにももう一回「キモ」。
10月23日(金)に、17回目の演奏会。
を予定致しております。

皆さまどうぞ良いお年をお迎えください。

金子 泰

  • カテゴリー:金子 泰
  • 2019年12月25日(水) 15:54
  • -

二つのエッセイ

2019.11.22 Friday

エッセイを2本上げてもらっています。
いずれも先月聴きに行った演奏会のことですが、
一つ目は、藤本昭子さんの第95回地歌ライブで思ったこと(10月27日、紀尾井ホール)。
二つ目は、長唄協会秋季演奏会から、105歳の現役演奏家・杵屋響泉さんのこと(10月23日、国立小劇場)。
ご覧いただけましたら幸いです。

今藤  政太郎

日本三曲協会「日本の響」にて

2019.10.09 Wednesday

日本三曲協会の定期公演、「日本の響」(10月5日 観世能楽堂)に伺いました。

第1部の『桜川』に、米川敏子同人ご出演。
そして清元栄吉同人の委嘱作『羽衣』も初演されました。
聴きにいらしていた今藤政太郎同人と、3人で。

 

 

栄吉さんの作品は、ご自身が「異界との邂逅と淡く切ない別れ。」(公演プログラムより)と語っていらっしゃいますが、
三十絃の強い音に、出逢うべきでない二人が出逢ってしまったという印象を受けました。
お舞台の上は人・人・箏・箏、
橋掛りまで人・人・人。

新作の初演はドキドキワクワクします。

金子  泰

  • カテゴリー:金子 泰
  • 2019年10月09日(水) 09:43
  • -

2020年02月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ページトップへ