blg_ttl_21.png

創邦21同人
(五十音順)

  • 今藤 長龍郎
  • 今藤 政貴
  • 今藤 政太郎
  • 今藤 美治郎
  • 金子 泰
  • 杵屋 淨貢
  • 清元 栄吉
  • 福原 徹
  • 松永 忠一郎
  • 米川 敏子

新コンテンツ登場
毎月更新!

2019年5月22日
第16回作品演奏会

2019年2月21日
第10回創邦21公開講座
「創作のキモ」

/a>

2017年11月8日
第15回作品演奏会

2017_soho21.jpg

2017年7月21日
第8回創邦21公開講座
「創作のキモ」

kimo_2017.jpg

2016年11月8日
第14回作品演奏会

創邦21チラシ

2016年6月22日
第7回創邦21公開講座
「創作のキモ」

創作のキモ_2016

2015年11月5日
第13回作品演奏会

omote_01.jpg

2015年8月17日
第6回創邦21公開講座
「創作のキモ」

bunner_kimo_201508.jpg

2015年1月7日
第5回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2015_kimo.jpg

2014年10月8日
第12回作品演奏会

チラシ

> ブログ トップページ

演奏会終わりました

2019.05.23 Thursday

第16回作品演奏会、無事終わりました。
お世話になりました皆様、お越しくださいました皆様に、深く篤く御礼を申し上げます。

これからもよろしくお願い申し上げます!

 

「半身」舞台作り中(舞台稽古)  ※ブレています

 

0523_2.jpeg

同  「僕はここですね」

 

0523_3.jpeg

同  「暗くしまーす」

金子  泰

  • カテゴリー:金子 泰
  • 2019年05月23日(木) 15:40
  • -

「練習風景です」

2019.05.18 Saturday

演奏会まであと5日となりました。
数日前、今藤長龍郎作品フルメンバー揃っての練習をさせていただきました。
写真は、作詞の金子さんが撮ってくださりました。

 

今回、昨年の初演時とメンバーが変わっておりますので、今回演奏してくださる方をイメージするならこんな感じに直そうかなぁ…などと思案しながら、作品に手を入れております。良い改訂になるよう、大胆かつ慎重にアレンジしました。

 

演奏してくださる皆様には、朝帰京した方・わたくしの練習後仕事が複数入っている方などお忙しいところお集まりいただき、本当に感謝しております。

 

演奏会当日、お越しいただきますお客様と併せ演奏してくださる皆様に感謝したいと思います。
チケットはまだ余裕があります。
よろしくお願い申し上げます。

今藤長龍郎

IMG_5939.JPG

腕っこきの現場の名人

2019.05.14 Tuesday

ぼくは若い時に、駒井義之先生と花柳寿南海先生という二人の腕っこきの現場の名人に知遇を得ることができた。ずいぶんご一緒させていただいた。

 

 駒井先生の本を見ると、理屈っぽいことがまるでない。それなのに、すごく面白く、流れるような本ができている。舞踊を作る立場からすれば、余白がたくさんあって自由に創作できるのだろう。作曲をする者にとっても同じことが言える。

 そして、先生の本を作曲する人は、おそらく皆が皆、駒井先生の本を作曲する人の中で自分が一番良く作れたと思っただろうと思う。つまり、どんな作曲者にもフィットした。これは他には代えがたい才能である。

 それでいて発想が柔軟で、何か勝手に意見を言うと「ああそうだね、それがいいね」と言ってくれた。

 文化功労者などにも価する方だと思う。

 

 同じことが寿南海先生にも言える。

「どういうふうに作りましょうか」と言うと、

「いいわよ、好きに作ってちょうだい」と言われる。実はそれが非常に困るのである。

 作品の出来を、本や舞踊家のせいにできないのである。つまり「ぼくが作曲できない理由」を言い立てることができない。

 いざ舞台にかけると、演奏のノリや発想がその踊りに合っているかどうかわからない。どう演奏してもピッタリに思えてしょうがなかった。

 

 このお二人と出会えたことは、ぼくの生涯の幸せだった。

 今回の 「駒井義之 作 風」へのオマージュ は、駒井義之先生、ならびに花柳寿南海先生への「オマージュ」とも言えるものである。そんなわけでこの曲を今回の創邦21作品演奏会に出すことに決めたのである。

 

今藤 政太郎

桜満開

2019.04.06 Saturday

大好きな桜の季節がやって来た。

満開の桜を眺めると心が弾む。 

 

そして京都の桜も欠かせない。

そんな訳で、桜咲く京都宮川町へ京おどりを観に行って来た。

開演前に芸妓さん舞妓さんとパチリ。

 

その後、京都らしい雰囲気の店で美味しい食事を楽しんで東京へ。

さてさて、来月の作品演奏会に向けて頑張らなくては。

 

今藤美治郎

 

5月の作品演奏会

2019.03.15 Friday

5月の本会(第16回作品演奏会)に、またまた福原徹さんと松永忠一郎さんとで1曲出すことにしている。

今度は、安珍・清姫伝説の日高川の場面に焦点を当てて作ることになった。

 

それで、この間から小林古径の連作「清姫」を眺めている。

 

飛ぶように駆ける清姫の長い髪が、地面と平行に一直線にぴんと伸びている。

子供の頃に読んだ忍者の話を思い出した。早く走るようになるため、長い布を身体につけて、それが地面につかないように走るという練習をする(した?)らしい。

こちらは地面につかないどころの話ではない。真っ直ぐ、地面と平行なのだ。

 

連作の最後は、道成寺に植えられた入相桜が描かれる。1つの幹から2つに分かれて、まさに「連理の枝」?

静かに佇むように描かれていて、絵巻が今この目の前で語り終えられたような気配がする。

そんな風に終わる作品になったらどうだろうか。

・・などと悠長なことを言っていないで、いろいろ急がないといけません。

 

金子 

  • カテゴリー:金子 泰
  • 2019年03月15日(金) 20:42
  • -

2019年05月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

アーカイブ

ページトップへ