blg_ttl_21.png

創邦21同人
(五十音順)

  • 今藤 長龍郎
  • 今藤 政貴
  • 今藤 政太郎
  • 今藤 美治郎
  • 金子 泰
  • 杵屋 淨貢
  • 清元 栄吉
  • 福原 徹
  • 松永 忠一郎
  • 米川 敏子

新コンテンツ登場
毎月更新!

2020年10月23日
第17回作品演奏会

thumnail

2020年3月11日
第12回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2019年2月21日
第10回創邦21公開講座
「創作のキモ」

/a>

2017年11月8日
第15回作品演奏会

2017_soho21.jpg

2017年7月21日
第8回創邦21公開講座
「創作のキモ」

kimo_2017.jpg

2016年11月8日
第14回作品演奏会

創邦21チラシ

2016年6月22日
第7回創邦21公開講座
「創作のキモ」

創作のキモ_2016

2015年11月5日
第13回作品演奏会

omote_01.jpg

2015年8月17日
第6回創邦21公開講座
「創作のキモ」

bunner_kimo_201508.jpg

2015年1月7日
第5回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2015_kimo.jpg

2014年10月8日
第12回作品演奏会

チラシ

> ブログ トップページ

「etude」と「からんくにゆき」

2019.06.30 Sunday

先日619

現邦連(現代邦楽作曲家連盟)の「特別講座」

東京芸術大学音楽学部の第1ホールにて相勤めました。

 

松永忠一郎さんにご協力いただいて

etude」を。

 

それから

 

中川綾さん

今藤政子さん

藤舎推峰さん

にもお力添えいただき、

創邦第7回初演、第13回再演の

「からんくにゆき」を

演奏させていただきました。

・・これは元同人塩田律さんの作詞に、作曲を今藤政太郎さん、杵屋浄貢さん、とわ

たくしが合同で務めさせていただいた記念碑的作品です・・

 

中川綾さんの可憐な熱唱に、涙して聴き入るお客様を何人かお見受けしました。

上野の森までお越しいただいた皆さま

ほんとうにありがとうございました!!

「からんくにゆき」リハーサルのあとで

 

清元 栄吉

 

 

清元「卯の花」前弾

2018.05.08 Tuesday

清元の短い歳旦浄瑠璃に「卯の花」という曲がありますが、その前弾。

いきなり上調子が替手を弾く古い型があります。

本手のメロディとある意味関係なく、鳥追いのフレーズをあしらったものなのです

が、

曲冒頭のほんの数秒で、お正月の透明な空気、市井のざわめきや華やいだムード が

そよ風のように

ふわっと香るすてきなアレンジです。

本手より先に飛び出してトッチンチリンと弾くのを嫌って、

最近はあまり用いられなくなりました。

 

清元志寿太夫全集ではこの形を聴くことができます

 

清元  栄吉

Show must go on

2017.09.07 Thursday

95日。

今朝のこと。ある曲名が突然ふと浮かんでいやに気にかかる。

電車の中でちょいと検索したら・・これこれ!あの頃の・・出てきちゃうんだ!

そう、この曲!!(インターネットって!・・こういう奇跡、たまにめちゃ感動します)

小学校の頃です。ちっちゃなトランジスタラジオで聴く、外国のポップスに夢中だった。その頃よく流れてきた曲なんです。

 

英語の歌詞をいまさら眺めて、またまた感動。

綱渡りに怯えてるサーカスのピエロくんの話のようですけど。。似てるんです、私どもの「顔(おもて)」と。

内容が。

似てません?

 

おもて じゃなくて masqueradeと。

 

清元 栄吉

スタート

2017.01.15 Sunday

芸術祭賞ならず。

無念でした

 

賞が欲しかったわけじゃないんです、ただ。。

14回続けてきて。20年続けてきて。やめてく人もいて。

いったいどこへ向かっているのか、ともすれば見失いそうな時もあった同人みんなの、

 

とても励みになっていたから

 

くやしいなあ

 

まったく新しく

15回へ向けてスタートします

今年118日。

 

ご期待くださいませ

 

 

清元 栄吉

「顔(おもて)」再演

2016.07.29 Friday

つい先日「顔(おもて)」プロジェクトチーム3人〜長龍郎/金子/栄吉〜

の幾度目かの打ち合わせを完了。14回演舞会に向け、再演バージョンの大枠を決定しました。

 

スリム化を敢行。

よりテーマ性をまっすぐ浮き彫りに

所要時間17分。

編成は17人。

 

このホームページの表紙になってる舞台面の写真はこの曲なのです。

創邦レパートリー代表作のひとつにしたい

清元栄吉

顔(おもて)

2016.04.04 Monday

今年118日火曜日紀尾井小ホール。14回めの演奏会の開催がいよいよ決まりまし

た。

「顔(おもて)」というのを再演します。金子、長龍郎と栄吉の3人チームが第5回演

奏会のために書き下ろした曲です。

 

おのれの人間としての脆弱さ、才能の無さをかねて知る1人の人物・・ある女・・が

ひょんなことから

高まってしまった自分に対する社会的評価と、周囲の自分への過剰なまでの期待に、

翻弄されて思い悩む。

「わたしは平々凡々な女。満座の中でこんな大それた芸をするべき特別な者でない。

こんなことはやりたくない、こわい、恐ろしい、消えてしまいたい・・」

「いつかわたしの凡庸さが人々の落胆と嘲笑を買い、見捨てられ、ひどく自分は傷つ

くのじゃないか」

「そうなったら取り返しがつかない、死んだほうがまし。地味で安全で当たり障りな

く暮らすほうが、どれほどか好い」

 

自分の同一視する個人的な“私”がほんとうの自分なのか。

あるいは大衆に認知され、あてにされ、勝手に1人歩きしてしまっている社会的評価

のそれを“私”というべきなのか。

 

葛藤の末、彼女は社会的な「私」を生き抜く決心をする。

 

金子同人の、閑吟集から引いた「何せうぞ 一期は夢よ 夢の夢のゆめの世を ただ

狂へ」という最後の一節が、この曲のすべてを表現しています。

 

とある時代の、とある女のありきたりな物語かもしれませんし、

「出雲の阿国」と日本史に語られるその人のことだったかもしれません・・そこのと

ころは重要でないのです。

 

数ある創邦オリジナル作品中、随一の大編成です。ご期待ください。

 

清元 栄吉

国鉄時代の

2015.09.09 Wednesday

富山県高岡に行ってきました

 

「北陸新幹線開業記念邦楽コンサート」というので。

山田流筝曲の萩岡松韻さん、長唄の杵屋佐吉さんと、『合同曲』の作曲をさせていただきました。

杵屋淨貢さん、松永忠一郎さんも一緒でなんだか創邦の演奏会みたいでした。楽しかった。

 

ところで写真ご覧ください、横長の切符の右下。


 

朝、下北沢から小田急線に乗って新宿でJRに乗り換えようとしたら

『この切符は機械を通らないから窓口で拝見します』という。

で見せたら駅員さんがなんと、パチンとハサミ。

 

まだあるんだ!!

 

ちょっと“三丁目の夕日”気分に。

子供の頃。のべつ響く改札のハサミの音(切符を切ってない時でもずっとカチャカチンカチン・・とリズムをとってた)、駅舎の前の靴磨きや甘栗売り、ホームレス。切れ込みの形が全国の駅で微妙にすべて違う、と親が言ったのかどうだったか、勝手にそう思ってたなあ。ほんとはどうだったのだろう。 

 

清元栄吉

ホームページはじめました

2015.03.24 Tuesday

ホームページはじめました

ずいぶん前から

やろうかなと思ったり。やったらいいと言われたり。インターネットという場に自分をさらすのがどうも怖くて10年過ぎました

 

昨年の創邦21ホームページ立ち上げに勇気をもらって。

おそるおそる

ようやっと

第一歩を踏み出してみました

 

http://www.kiyomotoeikichi.com

 

よろしかったらお立ち寄りください

 

清元栄吉

第12回を終えて

2014.10.30 Thursday

お陰様で第12回

完了しました

お忙しい中お運びくださったみなさまには心より御礼申し上げます

 

 

第1回のころ

メンバーの多くは20代後半〜30代半ば。

終演するや、大きな三味線鞄を抱えたまま

みんなで居酒屋をハシゴしましたね。各々の曲の出来映えやら反省やら感想やら批評

やら芸論やら‥

夜更けまで話が尽きなかったものです

 

時が過ぎました

 

曲が書けなくて徹夜したり、意見が合わなくてケンカしたりしてるうち

ずいぶんと月日が経ったのです

 

家庭を持ち

責任ある仕事を持ち

すこぉしばかり年もとりました

 

いつのまにか終演後の打ち上げはなくなりましたけど、気がつけば12回。

 

人生のどまんなかで、

ありったけの情熱を注ぐことを受け入れてくれた、この「創邦21」という御縁に

あらためて感謝があります

独りでは決して可能でない体験を味わわせてくれる、この「創邦21」という仲間に

深い信頼があります

 

 

この会が第20回を迎える頃‥東京オリンピックもすでに過去‥邦楽は社会に人々にど

んな貢献をしてるでしょうか

 

広く一般の人々の人生の豊かさや価値に、なくてはならないもの

であってほしい

 

少なくともその未来に向かって

私は「創邦21」を続けていきたい

と思うのです

 

清元栄吉

 

讀賣新聞に載りました

2014.07.02 Wednesday

 

“ヨミモノ”にて、讀賣新聞夕刊に掲載された記事を紹介しています・・
さる
621日国立劇場で再演された拙作「触草」についてのインタビュー。

創邦21という『チーム』への
僕の尊敬と感謝が公けにされたのはほんとうに嬉しいこと。

30代なかばから16年余。
上下関係も流儀の違いも技術の差すら超えて、
学び刺激しあう最高のホームグラウンドを得たればこそ、
僕は創作を続けてこられたのですから。
清元 栄吉

 

2020年09月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ページトップへ