blg_ttl_21.png

創邦21同人
(五十音順)

  • 今藤 長龍郎
  • 今藤 政貴
  • 今藤 政太郎
  • 今藤 美治郎
  • 金子 泰
  • 杵屋 淨貢
  • 清元 栄吉
  • 福原 徹
  • 松永 忠一郎
  • 米川 敏子

新コンテンツ登場
毎月更新!

2020年10月23日
第17回作品演奏会

thumnail

2020年3月11日
第12回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2019年2月21日
第10回創邦21公開講座
「創作のキモ」

/a>

2017年11月8日
第15回作品演奏会

2017_soho21.jpg

2017年7月21日
第8回創邦21公開講座
「創作のキモ」

kimo_2017.jpg

2016年11月8日
第14回作品演奏会

創邦21チラシ

2016年6月22日
第7回創邦21公開講座
「創作のキモ」

創作のキモ_2016

2015年11月5日
第13回作品演奏会

omote_01.jpg

2015年8月17日
第6回創邦21公開講座
「創作のキモ」

bunner_kimo_201508.jpg

2015年1月7日
第5回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2015_kimo.jpg

2014年10月8日
第12回作品演奏会

チラシ

> ブログ トップページ

長唄リモート演奏「松の緑」

2020.05.26 Tuesday

今更ではありますが、リモート演奏を編集した動画を作りました。「stay home」時代の記念になればと思います。

忠一郎

 

 

 

 

梅若涙雨ムービー

2020.03.17 Tuesday

私の処女作「梅若涙雨」のムービーを、初演の音源と舞台写真を使って作りましてYouTubeにアップしました。

是非ご覧ください。
 

https://soho21.jp/pieces/data/umewaka/index.html
 

動画を作りながら、当時ずいぶん苦心してこの曲をつくってたのを思い出しました。

松永 忠一郎

現邦連の夕べ

2019.06.21 Friday

先日19日にあった現邦連のレクチャーコンサート。芸大の第1ホールです。

写真は清元栄吉作曲の「etude」のリハで栄吉氏から指導を受ける様子。

20190621_1.jpeg

写真ではわかりませんが僕はかなり緊張しているみたいです。

その日は他に深海さとみさんの講義もありましたが、僕は栄吉さん方の2曲に出演させていただきました。

20190621_2.jpg

「からんくにゆき」は、「創邦21」ならではの合作で詞、曲ともとても面白く出来てました。

松永  忠一郎

あっという間に年末!

2018.12.27 Thursday


一年本当に早いですね。当教室は今日が最後の稽古日。今年も皆さん熱心に通ってきてくださいました。感謝です。
来年もがんばってみんなで稽古します。
良いお年をお迎えください。


松永 忠一郎

好きな替手

2018.05.10 Thursday

「蜘蛛拍子舞」の後半、「様に逢う夜は〜」のところに、「六段の調」の初段(以下"六段")がぴったりはまるようになっています。

替手にこの六段を使ったというより、六段に合わせて曲を作ったという感じすらさせるほどよく合っていて、しかもとてもいい曲に出来ている、まさに奇跡と言える名作曲ではないかと思っています。

替手の手そのものの話ではありませんが、替手の方にウエイトが置かれた珍しい例だと思って取り上げました。

 

松永  忠一郎

ぶらり長唄旧跡探訪

2017.12.30 Saturday

12月は京都の顔見世興行に出演させていただきました。
空き時間を利用して長唄にも登場する旧跡を訪ねてきました。
今回訪れたのは奥嵯峨のずっと奥にひっそりと佇む「滝口寺」。
平家物語「横笛」の舞台になったお寺です。
名前も建物も当時のままではないのですが、だいたい同じ場所だったそうです。
ここで横笛が詠んだとされる歌碑なども受け継がれています。
残念ながら現在は本堂を修理中で外観はわかりません。

image1.jpeg

詳しい話は省略しますが、
横笛はこの寺に隠れていた滝口入道に会わせてはもらえず、
門越しのやり取りの末に、あきらめてこの門を振り返りながら泣く泣く帰っていったそうです。
と、長唄「横笛」ではドラマティックに伝えています。
もっと実力行使すれば無理矢理会えたかもしれませんが、
横笛さんはストーカー化せず、潔くあきらめました。
やはり美しく語り継がれるためには生きているうちは我慢が大事なのでしょうか。
松永 忠一郎


 

タンスのお宝

2017.08.28 Monday

 

タンスを整理してたら黒いオシャレなかすりの着物が出てきました。

 

 

もったいないので今日はこれを着て仕事に出掛けることにしました。

まだ夏の終わりという感じではありませんが8月ももう末、ちょうどいい着納めになりました。

ちなみにタンスに預金はしてなかったようです。

 

松永忠一郎

ハッピー読書習慣

2017.03.02 Thursday

長くなった通勤時間を利用してついた読書習慣。

いろんなものを読みますが最近たまたま手に取った本がこの「地球の歴史」。そのままズバリ地球の成り立ちから今日までの歴史です。

20170302_1875972.jpg

歴史物にもいろいろありますが、人間同士の醜い縄張り争いの歴史などでは無論無く、これはまさに歴史の王様。歴史の中の歴史。地球に暮らす我々にとってこれ以上の歴史は無いと言えます。

歴史愛好者にはおすすめです。また日頃つまらないことで悩んでいる方、たまには何億年というスケールの話をしましょう。すうっとしますよ!

 

松永忠一郎

早くも次回に向けて!

2016.11.22 Tuesday

semimaru.jpg

「蝉丸」無事に上演できました。

同じ舞台でまったく別なことをやるという斬新なアイデアを思い付くのは、

さすがはアバンギャルドな福原徹さんです。

不思議な舞台空間が生まれました。

次回も一緒にやらせていただくことで合意しました。

お題は平家です。

どうなるか、今から楽しみです。

 

松永 忠一郎

釣りバカ日誌−ヘラに始まりヘラに帰る

2016.05.27 Friday

子供の頃から大好きだったヘラブナ釣り。
大人になってからはルアーフィッシングに魅せられブラックバスなど
釣っておりましたが、近頃ヘラ釣りを再開。
理由は引っ越してきたところの近くにたまたまヘラブナの管理釣り場が
あったからです。さすが田舎です。
というわけでその近所の「熊の池」へ行って参りました。

熊野神社のとなりで保護区域なので自然に囲まれ、
ウグイスの声を聴きながら一日釣り糸を垂れるのはまさにご隠居さん気分。
この日は食事する間もないほどバカ釣れ!
リャンコの2連チャンにはシビレました。
天気の良い暑い日でした。
ビールが飲みたくなったので夕方前には竿をたたんで早々に引き上げ、
居酒屋へ駆け込むのでした。
忠一郎

2020年09月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ページトップへ