blg_ttl_21.png

創邦21同人
(五十音順)

  • 今藤 長龍郎
  • 今藤 政貴
  • 今藤 政太郎
  • 今藤 美治郎
  • 金子 泰
  • 杵屋 淨貢
  • 清元 栄吉
  • 福原 徹
  • 松永 忠一郎
  • 米川 敏子

新コンテンツ登場
毎月更新!

2020年10月23日
第17回作品演奏会

thumnail

2020年3月11日
第12回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2019年2月21日
第10回創邦21公開講座
「創作のキモ」

/a>

2017年11月8日
第15回作品演奏会

2017_soho21.jpg

2017年7月21日
第8回創邦21公開講座
「創作のキモ」

kimo_2017.jpg

2016年11月8日
第14回作品演奏会

創邦21チラシ

2016年6月22日
第7回創邦21公開講座
「創作のキモ」

創作のキモ_2016

2015年11月5日
第13回作品演奏会

omote_01.jpg

2015年8月17日
第6回創邦21公開講座
「創作のキモ」

bunner_kimo_201508.jpg

2015年1月7日
第5回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2015_kimo.jpg

2014年10月8日
第12回作品演奏会

チラシ

> ブログ トップページ

『舟と琴』on YouTube

2020.04.29 Wednesday

以前から何曲か出していますが、このたびまた、ぼくの曲をYouTubeに上げました。

『舟と琴』
尾上墨雪 原案構成/今藤政太郎 作曲/藤舎呂船 作調
(2010年、紀尾井ホールでの今藤政太郎邦楽リサイタルより)
この『舟と琴』は、親友の尾上墨雪さんから依頼されて作曲したものです。はじめは舞踊曲として作り、のちに演奏用にアレンジしました。

この曲は、古事記にある「枯野(からの)」という部分をそのまま歌詞に用いて作曲しています。
簡単にあらすじを申しますと、仁徳帝治世の頃、莬寸河(とのきがわ)という所の西に一本の高い樹がありました。その樹の影は、朝日に当たれば淡路島まで届き、夕日が当たれば高安山を越えました。ある時この樹を切って舟を作ったところ、ものすごく速く進む舟ができました。その舟で淡路島から宮殿のある難波宮に、良い水を毎日運びました。
やがて舟が壊れてしまった時、舟の木を使って藻塩を焼き良質の塩を大量に得たのですが、その木の芯はどうしても焼けませんでした。太古よりの命を繋いできた巨木には、自然の魂が宿っています。芯は、樹の魂そのものだったのでしょう。
そこでその芯をお琴に作って鳴らしたところ、お琴の音は、七里四方に響き渡り、人々を幸せにしたそうです。

 

木でスピードのある舟を作れるのは、科学技術というものです。その舟の廃材を利用して塩を焼いたことも、それだと思います。
しかし、このお話の芯にあたる部分は、木には魂があり、魂の塊を琴に作ると、たった一面の琴が七里四方の人々を幸せにしたということです。人々の最初の幸せは、琴に象徴された音楽だということなのだと思うのです。
改めて音楽の大切さを思った次第です。

そして、これに続けて演奏会当日のアンコールもアップしています。
人間国宝の堅田喜三久さんにも急遽参加してもらい、『勧進帳』の滝流しから演奏しています。
併せてお聴きいただけましたら幸いです。

注 : 『舟と琴』の「こと」には、古事記に従って、「箏」ではなく「琴」の字を使っております。

今藤 政太郎

2020年07月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ページトップへ